CentOS6でpostfixを使う時の注意事項

CentOS6でpostfixを使う時

CentOSでPpostfixをインストールすると起動するもの実際は全然起動してません。
# service postfix restart
Shutting down postfix: [FAILED]
Starting postfix: [ OK ]

Sendmailとぶつかっているみたいなので、Sendmailを停止してあげないと駄目みたいです。
# service sendmail stop
# service postfix restart
Shutting down postfix: [ OK ]
Starting postfix: [ OK ]

これでうまく起動します。
で、デフォルトのMTAがSendmailになっているので、以下コマンドでPostfixに変更します。MTAの変更はこっちで詳しく。
# alternatives --config mta

CentOS6でmailコマンドをインストール

CentOS6でmailコマンドをインストールするにはこれでいいみたい。
# yum install mailx
しかしmailコマンド実行後にごりっと以下のエラーが出る。メール自体は飛ぶので問題ないとしてもちょっと嫌なのできれいにしておく。
send-mail: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
send-mail: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only
postdrop: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
postdrop: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only

IPv6に対応していないっていうので、postfixの設定をちょっと変えてやらないといけないです。
# vi /etc/postfix/main.cf

113行目あたり。
#inet_interfaces = all
↓コメントアウトを外す
inet_interfaces = all

112行目あたり。
inet_protocols = all

inet_protocols = ipv4

大文字でIPv4でやったらエラーになったので注意。
これでOKです。