CentOS6でmailコマンドを使う

なんかCentOS6はデフォルトでmailコマンド入れてくれてないことが多いです。どこぞの専用サーバーでも同じような感じです。余談ですが、私自身は純粋なSendmailは正直使わないで、postfixにしてしまいます。なぜならsendmailの設定ファイルが読めないからです。こちらを参考にしてください。
なので、postfixをインストールした後にメールエージェントを変更しておきます。
http://www.omnioo.com/record/ubuntudebian/centos_mta_change/

送信メールサーバーのテスト時はやはりmailコマンドがないと厳しい。
$ echo "test" | mail user@example.com
でメールを送信できるけど、そもそもmailコマンドがないと駄目です。CentOS6の場合は、
# yum install mailx
でインストールできます。

さっそくメールを送信してみると以下のエラー。
send-mail: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
send-mail: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only
postdrop: warning: inet_protocols: IPv6 support is disabled: Address family not supported by protocol
postdrop: warning: inet_protocols: configuring for IPv4 support only

postfixではipv6を含めてのプロトコルがデフォルトになっているので、ipv4に限定する
/etc/postfix/main.cf
#inet_protocols = all
inet_protocols = ipv4

ちなみにmailコマンドでタイトルとかをつける場合は-sオプションでタイトルを表示します。
$ echo "メールの本文" | mail -s "メールタイトル" user@example.com

mailコマンドをインストールする Ubuntu/Debian
CentOS 6でmailコマンドをパッケージインストールする方法