CentOS6 Apacheのインストールと設定

この度はCentOS6.5にApache2をインストールします。考えてみればチュートリアル作ったことなかった。

インストールする

# yum -y install httpd
yumです。Apacheは特に最新のものじゃないと駄目とかあんまりないので、そのOSに依存したデフォルトのリポジトリからとってくればそれでよし。たいていのCentOSはこの時点ですでにApacheがデフォルトの設定になっているので、起動して確認してみるともう見れます。OSが設定しているホストで確認してみてください。デフォルトの設定画面が表示されればOK。
apache403# service httpd start

ユーザーの作成とDocumentRoot

Webサイトを作成する際にはそのWebサーバーを扱うユーザーが必要です。デフォルトのrootでもいいんですが使い勝手が悪いので私はたいていWebサイト用にユーザーを作成してそのユーザーでDocumentRootをこしらえます。今回もその設定で。

  • user: sampleuser
  • pass: 123456
  • home path: /home/sampleuser
  • DocumentRoot: /home/sampleuser/www
  • url: http://www.example.com/ (http://localhost/)
  • IP: 123.456.789.xxx

という感じでやります。後はPHPを使えるようにしておくというシンプルな設定で。ユーザーはSFTPとかFTPとかでファイルの転送できるようになっていれば後は製作者ができるのでそれでOK。

httpd.confの設定

設定ファイルを開いて編集してゆきます。が、自身のない人は必ずcp -p ./httpd.conf ./httpd.conf.defしてデフォルトのhttpd.confをバックアップしておく。
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

[136行目辺り] 正しいIPとポート設定
#Listen 12.34.56.78:80

Listen 123.456.789.xxx:80

[277行目辺り] ホスト名にしているドメインとかを設定(ドメインがなかったらIPでも可)
#ServerName www.example.com:80

ServerName www.example.com:80

[293行目辺り] ドキュメントルートの設定
DocumentRoot "/var/www/html"

DocumentRoot "/home/sampleuser/www"

すべての設定が終わったら、
# service httpd restart
これで起動に失敗したら、Apache2エラー集を参照のこと。無事ドキュメントルートに上げたファイルがWEBブラウザーごしに見えたら設定完了。

自動起動の設定とか

# chkconfig httpd on
以下のコマンドで確認して2,3,4,5がonになっていたらOK。
# chkconfig httpd --list
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

たいていの場合はPHPなんかもデフォルトでインストールされていたりするのでApache自体の最低限の設定はこれでだけでOKです。Perl使うとかオプションがどうしたとか.htaccessのOverRideの権限がどうしたとか細かい設定はこの後いろいろできます。