-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): そのようなファイルやディレクトリはありません

SakuraのVPSクラウド(CentOS6)でssh接続した際に突然こういうWarningが出ました。日本語関連でなんかおかしくなったのかな。
-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): そのようなファイルやディレクトリはありません
以下のファイルを変更すれば大丈夫っぽいです。
# vim /etc/sysconfig/i18n
元々日本語のUTF8に対応していないようなので、LANGの値を変更。LC_CTYPEにUTF8を指定してあげればよいです。
LANG="C"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

LANG="ja_JP.UTF-8"
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

一度ログアウトしてから再ログインすればOKです。