CentOS5/6でMySQLをインストールする

普通にyumでインストール
# yum -y install mysql-server

MySQLのconfigを開く
# vi /etc/my.cnf

編集内容は以下の通り

[mysqldump]
quick
quote-names
max_allowed_packet = 16M

# オリジナルの設定(文字コードを追加)
default-character-set = utf8

[mysql]
#no-auto-rehash # faster start of mysql but no tab completition

# オリジナルの設定(文字コードを追加)
default-character-set = utf8

設定が終わったら再起動
# /etc/rc.d/init.d/mysqld restart
(# /etc/rc.d/init.d/mysqld start)

最初にアクセスする際はパスワードがないのでこのままログイン。ログインできたら成功。
# mysql -u root

ユーザーの作成(rootにパスワードがないのでroot用のパスワードを作っておく)
mysql> grant all privileges on *.* to root@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

とか
mysql> grant all privileges on userdb.* to username@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQLの初期設定
# mysql_secure_installation
(中略)
Enter current password for root (enter for none): (*1)何も設定していないので空のままエンター
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] Y (*2)rootのパスワード設定するのでY
New password:
Re-enter new password:
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
... Success!
(中略)
Remove anonymous users? [Y/n] Y  (*3)匿名ユーザーは接続しない
Disallow root login remotely? [Y/n] Y (*4)ローカルホストのみの設定
Remove test database and access to it? [Y/n] Y (*5)テスト用のDBがあるが、必要ないから削除
Reload privilege tables now? [Y/n] Y (*6)設定を反映させる

Thanks for using MySQL!

お疲れ様でした。

CentOS5/6でMySQLをアンインストールする

インストールで何かうまく行かなかったら最初だったら一度アンインストールするのが懸命。
# yum -y remove mysql
# yum remove mysql-server
# yum remove mysql-libs

だいたいこれですっきりしてしまいます。ただバックアップとして自動的に設定ファイル(/etc/my.cnf.rpmsave)とデータベース自体(/var/lib/mysql/以下)残ります。なかなかすぐれもの。