Expressをインストールする

node.jsをインストールしてみると意外なことにこれだけでは何もできないのです。なのでnode.jsのフレームワークというかテンプレートというかそういうものを入れないと実際のhttpレスポンスを返すのは面倒ということでexpressをインストールします。すでにnpmが入っているということ前提だと非常に簡単です。

nmpを使ってインストール
# npm install -g express
findしてみると以下のところに格納されていました。
./root/.npm/registry.npmjs.org/express
./root/.npm/express
./usr/bin/express
./usr/lib/node_modules/express-generator/bin/express
./usr/lib/node_modules/express

適当なDocumentRootにHelloWorldファイルを作ってテストします。
app.js
[sourcecode language="javascript"]app = require('express')();

app.get('/', function(req, res){
res.send('hello world');
});

app.listen(3000);

コマンド上で
# node app.js
という風にnode.jsを起動させます。それから、
http://example.com:3000
にアクセスします。hello worldと表示されたら成功。

一昔前のWEB屋さん的にはちょっと馴染めないものがあるかもなのですが、何となく柔らかいjavaみたいな印象がなくもないです。tomcat起動とかそういうやつです。先のapp.jsをいろいろいじってアップロードしてもnode.jsを再起動しないと設定は反映されないです。これは感覚的にはWEBコンテンツのファイルではなく1つのサーバーという風にみなした方がいいです。サーバー構築とサーバー操作ということになってきそうです。