MTタグで配列を使う

まずは普通の配列を作る方法です。

ひとつずつ設定する

<mt:Var name="seane[0]" value="通学">
<mt:Var name="seane[1]" value="お仕事">
<mt:Var name="seane[2]" value="昼食">

カンマ切りでも設定できる

<mt:Var name="seane" value="通学", "お仕事", "昼食">

pushも使える(pushも使える??)

<mt:Var name="push(seane)" value="通学" />
<mt:Var name="push(seane)" value="お仕事" />
<mt:Var name="push(seane)" value="昼食" />

いわゆるループ(whileとかforみたいなの)はこうやる。

<mt:loop name="seane">
<mt:Var name="__value__" /><br>
</mt:loop>

通学
お仕事
昼食
みたいな感じに表示される。

MTの配列を使うと任意の順番にタグクラウドやカテゴリーを並べ替えたりできる。手作業ではありますが。タグ名を並べたい順に配列に仕込んでやって、2重ループで取り出すという単純なものですが。
<mt:loop name="seane">
<mt:Tags>
<mt:If name="seane" eq="<$mt:TagName$>">
<$mt:TagName$>
</mt:If>
</mt:Tags>
</mt:loop>

などとやります。