Laravel5のいろいろ雑記

え!こんなことが!

  • public以下にroutingしているパスと同じディレクトリを作成したらどうなるかというと、public以下が優先されます。パスはroutingを無視してpublic以下のディレクトリに行こうとします。というかよくできてます。
  • .envの値はオリジナルのものを追加できるので、定義した値はここで使いたいところです。SAMPLE_VAL=sampleはコントローラの中で、$sample_val=env('SAMPLE_VAL','forge');で取得できます。第二引数をforge以外で設定するとオーバーライドされます。コントローラの中だったらどこでも使える(と思う。)これはいいな。
  • たいていの不具合は、strage以下のディレクトリのパーミッション、またはセッションやviewのキャッシュのところ。リセットすると動く。
  • 何事においても「php artisan cache:clear」と「php artisan route:cache」を実行しておくとよい。
  • エンティティーの実装においてはかなりショボイ。Symfony2を使うべし。