Gitのよく使うコマンド

ローカルリポジトリの作成

コマンド 内容
git --version インストール済とかバージョンとか確認
git init .git作成(ローカルリポジトリを作成)
git config --global user.name USERNAME ユーザー名の登録(すべてのgitに反映する場合は--globalオプションをつける)
git config user.name USERNAME ユーザー名の登録
git config --global user.email USERNAME@example.com ユーザーEmailの登録(すべてのgitに反映する場合は--globalオプションをつける)
git config user.email USERNAME@example.com ユーザーEmailの登録
git remote add origin ssh://user@example.com:22/home/user/remote.git リモートリポジトリの登録
git config --global color.ui true 色をつける
git config --list 登録の確認
git clone ssh://user@example.com:22/home/user/remote.git クローンしてくる

よく使うコマンド

コマンド 内容
git status gitのステータスを確認
git add -A 更新ファイルをアドする(ステージングにあげる)
git log ログ確認
git rm --cached FILENAME.TXT 間違ってaddした時にファイルを削除する(物理削除ではないです)
git rm -r --cached FILENAME.TXT 間違ってaddした時にディレクトリを削除する(物理削除ではないです)
git fetch リモートリポジトリからfetchする(リモートリポジトリのファイル情報取得)
git merge ORIGIN/MASTER ラベルとブランチを指定してローカルリポジトリにmergeする
git rm -r --cached . .gitignoreファイルが反映されないときに一度キャッシュを消してみる
git push -u origin master リモートリポジトリにはじめてpushするとき