また坂本さんですか(歴史の教科書)

坂本龍馬ばっかりですね。坂本龍馬がなんでこんなに坂本龍馬であるのかと考えると殆ど司馬遼太郎のお陰だというのはちょっと年かさの増した世代の方々だったら容易に想像がつくと思うのですが、そういう意味で文学の力というのはものすごい強いなと思いました。何せ司馬遼太郎以前の坂本龍馬といったら歴史の教科書に一行載っている程度で全く日本の歴史の中では重要な人物として描かれていなかったからです。
 歴史の教科書というのは今も尚かなりいろんな意味で問題になっているけど、例えば戦時中の表記では足利尊氏は「足利高氏」となっていました。これは朝廷の南北朝時代において足利尊氏が戦時中の天皇家(すなわち現在の天皇家)の文脈が足利尊氏と敵対していた朝廷(すなわち北朝)を立てていたという理由で尊敬に値するような歴史的人物ではないということで「尊」が「高」に書き換えられていたわけです。つい数十年前の話であり我々の両親世代の人だったら「高」の教科書を使って歴史を勉強していた筈です。
 そういう意味では歴史の教科書というのは実に政治的で事実とはかなり隔たりのある記述がされている場合が多いですし、また「事実とはなんぞや」という哲学的な命題を孕んでいることになると思います。
 和寇なる海賊が今の東シナ海辺りに出没し中国と日本の貿易船を荒らしまくっていたということが歴史の教科書に書かれていますが、これも実に政治的なものでして、加藤周一先生が言っているようにマジョリティーとマイノリティーの政治的な側面です。和寇が海賊という悪党だったかどうかの事実とは別に、和寇は「海を領土とした国家」という歴史的な考え方があります。もしこの視座から歴史を考えると中国や日本は人の領土を平気で航行するという失礼極まりない行為をしているわけで、追い払う和寇の行為は正当化されます。しかし現在の歴史の教科書では和寇は完全に悪者です。
 また、猪瀬直樹氏が触れたように日本の古代の古墳からはハングル文字らしきもの、または大陸から直接持ち込まれたであろう考古学的な遺品が数多くあるという事実を考えると日本の天皇家は完全に大陸から渡っていた当時の渡来人であるという直感は、日本の歴史を考える上で、あるいは日本人のアイデンティティーを考える上でかなり厄介な問題でもあります。だいたい神武天皇の親が神様だった...ということに一応歴史上なっている日本の教科書ですが、もし仮に事実を教えるのが歴史だとしたら、「おい、神様かよ」とツッコミを入れるのに十分な記述だと思います。また歴史とはちょっと離れますが、日本の国語の「漢文」なるものが日本語として教育の現場に持ち込まれているというのもかなりおかしいでしょ。これ中国語ですから。我々は英語と共に実に第二外国語を習っているわけです。
 歴史の教科書問題でいえば、ヨーロッパのナチス政権の記述については長らく問題になりました。しかしフランスとドイツの政治的な合意で現在は歴史の教科書においてはフランスとドイツは全く同じ記述の内容を学習することになっています。それが全く行われていないのが中国、韓国、日本の教科書です。この3つの国は同じ歴史に対してかなりバラバラの記述を今も尚行っている。特に第一次世界大戦から第二次世界大戦と終戦までの記述は殆ど違う内容になっています。ここらの政治的な合意が全くなされていない。実に子供の喧嘩状態。
 そんなさなかで坂本龍馬。なんでこんなに波乱万種のヒーローが勝手に創造されてゆくのか...と考えるとこれは考古学的乃至歴史的とは全くいえず、かなり文学的ドラマという感じがしないでもないです。本当はただのおっさんだったんじゃないか...とも思えるし。そのうち「パチンコ坂本龍馬」なんてことになったら殆どサブカルチャーですよ。薩長同盟で10連チャン。。ああ、悲しい。